「家族なのに愛情がない」血縁の呪いと愛情への思い込み

心の道しるべ

自分か、自分以外か

唐突だけど、家族は、他人です。

って言うと、世間的には「薄情」とか「恩知らず」って言われる。

でも待って。

誰しも、自分じゃない人間は全員他人やから。物理的に。

他人の気持ちや感情や痛みなんて、絶対に100%理解しきれないのが法則・摂理・真理だから。

他人を理解できないからこそ真剣に理解しようと努めるし、些細な気遣いにも深く感謝するし、配慮する。

それが愛=可能性の開拓。

血縁に胡座をかく事こそ、エゴ。

血縁・関係性の勘違い

一番身近で、過去に共有した時間が最も多いであろう理由として「家族だから」があるだけで、家族だから何をしても許されるとか、家族だから無条件で愛せって理屈は、大間違いの筋違い。

関係性ではなく、人に接する時の優先事項や基準ってのは「その人から何をどれだけ与えられたか」と「自分が何を与えれるか、与えたいか」ってことだけでいい。

愛なのか憎しみなのか、苦痛なのか快楽なのか、心なのか金なのか、思い出なのかトラウマなのか。

自分が幸せじゃないと何もかも無価値になる

ただ、現在の自分が幸せじゃないって人はそもそも生きてることや産まれたことの価値を感じられないから、当然、産んでくれたことへの感謝とかもなく、人から与えられた何かに気付かないこともあると思うねん。

だから、曇りなき眼を持つためにも、今の自分を幸せにすることってとても大切。

関係性の免罪符を捨てれば良い関係性を築ける

───ほんとにここ数年、ニュースでも周りの話でも「家族」を免罪符にした変なエピソードをよく聞く。

 

家族のもの勝手に捨てるとか、

家族だから軽くあしらうとか、

家族だから助けてもらって当然とか、

家族だから八つ当たりしてもいいとか。

 

家族だから時間や心や体力や金を消費して良いなんて……人を苦しめる免罪符に「家族」という関係性を使うくらいなら、「自分 or 自分以外」で括って、平等に思いやり持って接する方が、優しくなれるし感謝もできる。

逆に、おかしいことはおかしいって言える。

なんぼか快い家族関係を築けるよ。

関係性に縛られるのは、そりゃただの依存やから。

まとめ

本来は「自分と他人」っていう括りすらいらなくて、自分も含めた「人間」と真剣に向き合って、自分も人も大切にしよう、愛そうって姿勢が、最高やで。

脳科学的にも哲学的にも道徳的にも論理的にも合理的にも、ね。

大切にしなくて良い人なんて、自分も含めて居ない。

大切にされなかった人が、人も自分も大切にしない人になって、また他に大切にされない誰かを増やすんやから。

あんまり家庭環境よくなかった人や、今も渦中に居る人、新たに家族を作る予定がある人も、そんな悲しい連鎖を、まさに自分の心で止めようって意識と行動を、一人でも多くできるようになってほしいと、心から願う。

またでbye。

 

スポンサーリンク