いじめられる側にも原因があると言う人は勉強不足

心の道しるべ

いじめは、いじめる側が100%悪いと言う人と、いやいやいじめられる側にも原因があるでしょと言う人がいる。

これは、いじめた経験があろうがいじめられた経験があろうが、どっちの経験もあろうがなかろうが、関係なく、どっちの意見の人も存在する。

でも、事実としてここでハッキリ断言したいのは、「原因」という言葉を使うにも教養が必要で、明確で矛盾のない意味をちゃんと説明できないのなら、曖昧な判断でこの言葉を使うことは無自覚に人を追い詰めちゃう勉強不足だよってこと。


結論

結論から言うと、いじめられる側にあるのは「きっかけ」と「己の人生に対する責任」。

原因という言葉は、起こった結果に対する根本的な理由のこと。

よく「根本原因」という言葉を見るし聞くし僕も使うけど、これは厳密には「要因」という言葉の相対概念であって、本来は原因って言葉自体が根本的な理由を指す。

つまり、いじめの原因は、あるきっかけに対して「いじめよう」という意思決定をした人間の心にある。

もう少し遡れば、原因は社会の教育システムにある。

もっと遡れば、原因は民衆一人ひとりの心の貧しさにある。


動機作りのためのきっかけ探し

いじめのきっかけは大抵、なんだか周り(大多数)と違うやつが居て、そいつを排他しようとする動きによって決められる。

しかもその「周りと違う」という部分を、ムリヤリでっちあげたり見つけたりする場合もある。

多数決だったり、腕力や支配のヒエラルキーとして一番下の人間だったりもする。

一番怖いのは、多数決。

いじめる動機を探すためにみんなできっかけを探すから、根拠が乏しくても案は通るし、赤信号はみんなで渡れば怖くないからね。

怖いかどうかや危ないかどうかなんて、正しいとか間違ってるには関係ないんだけど、勉強不足やとそこまでわからんのやろなぁ。

ともあれ、いじめる原因(心)があれば、なんでもきっかけになるし、動機になる。


動機と原因の違い

いじめ=犯罪とすると、一般的に言われてる「原因」は、往々にして原因じゃなくて「動機」であることが多い。

だって原因はどんな善行も悪行も人の心だから。

その心(原因)に対するきっかけがあり、そのきっかけに対して自分が動機として決定した瞬間に、それが行動化(具体化)される。


動機=いじめる側の責任転嫁

よく、いじめた側が他者に咎められた時に、いじめた理由として、

「いじめられた側が○○だったからいじめた」

とか言うセリフがあるやんな。

これが動機。

○○の中には、気持ち悪かったからとか、目つきが悪いからとか、病気でヒョロいからとか、デブだからガリだからとか、目立つからとか、調子に乗ってるからとか、気が弱そうだからとか、貧乏だからとか、いろいろある。

中には、なんかムカついたからとかいう、完全に自己中な動機もあるけど。ここで重要なのは、一見するとまともそうな意見もあるということ。

例えば、陰口を言われたからとか、いたずらされたからとか、ウソをつかれたからとか、悪い噂を広められたからとか。

人によっては、

「あぁ~そういう事情があったならいじめになるのも仕方ないね」

と判断してしまいそうな動機。

でもちょっと待ち。

いじめられる側にどんな特徴や行いがあったとしても、それらを動機にしていじめる人間も居れば、いじめない人間も居るわけやん。

ということは、原因どころか動機すら、周囲の人間の心で勝手に決定されてること。

そもそもいじめたいとかっていう悪意や敵意や、劣等感から来る攻撃性があるのは、そいつ自身の問題。

引いてはそいつの家庭環境の問題。

自分が影響を及ぼせる範囲の「原因」に対処しないままで弱者に八つ当たりをするという性根腐った「責任転嫁」で、いじめに及んでるねん。

だから、何をどう言おうが、いじめの原因は100%いじめる側にあって、100%悪いねん。

じゃあ、いじめられる側にはなんの落ち度もないのかというと、そうじゃなくて。

ここからは僕の推してる「人生の選択責任論」の話になる。


自己責任論より選択責任論

よく、どんな悲惨な被害に遭った人に対しても、

「自己責任でしょ」

みたいなことを言う人もいる。

何を隠そう、僕も昔はこのタイプやった。

自分が生きてる以上、どんなトラブルに見舞われても、そりゃ自己責任やわ、みたいな。

でも、実はこの自己責任って言葉は語弊があって、自分が原因とか悪いみたいに捉えられがちやねんな。

で、多くの人は原因とか悪いって意味で使ってるんだけど、僕はちょっとニュアンスが違ったから、

自分で言葉を作った。それが、選択責任論

なんぞそれはって話なんやけど、このいじめの話で説明すると、

自己防衛できる可能性はある

ってことやねん。

いじめの原因はいじめる側の心にあるから、いじめられる側は当然悪くないねんけど、

現実的に考えた時に「いじめられた」という事実に直面したことを深堀りしなきゃいけない。

トラウマができたり、対人恐怖症になるだけなら、まだいい。いやよくはないけどさ。

人間って、つらいとかしんどいの最果てには100%「死」が待ってる。

その負荷の許容量に個体差があるだけであって、ゴールはみんな共通してる。

死というものから逃れたい欲求は、正確に言えばつらさやしんどさや苦しさから逃れたいということ。

で、悲しかな人間は脳が発達しすぎて、死ぬことの方がラクだと思うくらいのそれらを、生きてる中で感じてしまえる生き物。

いじめもその理由に十分なり得る。

だからめちゃくちゃ現実的に考えて、いじめを回避することはできないのかが最終的な争点のはずやねん。

この争点で行くと、いじめられる側にも、取れる手段ってものを考えればそれなりに出てくるやん?

たとえば容姿を動機にされたら見た目を変えるとか、性格なら言動行動を見直したり友達を増やすとか、それ以外の理由なら転校するとか登校拒否とか。

あとは徹底的に証拠を集めた上でリーダー格をボコボコにするとか。

取れる手段は、たぶん子どもでも考えたら思いつくはずやねん。

で、いじめられないように自己防衛対策する手段を取らないという手段を選択した責任は、本人にあるねん。

要は自尊心がないから、やり返すのが怖いとか、申し訳ないとか、その状況から脱する意欲がないor失われるねん。

それを優しさと言う人も居るけど、ただ単に自分を大切にせず、自分を愛せてないだけ。

そういう人間に育ってしまうのは、教育が原因なんだけどさ。

で、家庭でそういう教育しかできないのは、親もその親から同じような教育しかされなかったからやねんけど。

で、その原因が何かっていうと国の教育の構造や社会風潮や主義にあるわけやねんけど、今回は割愛する。


沈黙の生者は死者の如し

暴力や人権侵害に対して、無対策でやり過ごそうとする人は多い。

嵐が過ぎ去るまでじっとしてよう……みたいな一見利口そうに見えるけど、違う。

なんも対抗手段や防衛手段も取らずにただ耐え忍ぶのは、屈服して従属してるだけ。

「いじめる」という選択をするような人間からすると、そういう黙って攻撃を受けるような人間ほどいたぶりたくなってエスカレートしてく。

大きな嵐が来てもなんも対策せず怯えてたら、家の窓割れたり屋根吹っ飛んだりするやん。

災害時用の非常食やグッズを用意してなかったら、もし冠水して避難しなきゃいけなくなった時に大変やん。

それと同じで、何もしないという選択をする責任は、完全に本人にある。


まとめ

いじめの原因も動機もいじめる側の心や環境に100%あるけど、

闘争と逃走どちらも放棄して耐える選択をした責任は、いじめられる側にある。

ただその原因は家庭環境にあり、教育にあり、国家にあり、民衆にあり、社会全体にある。




スポンサーリンク