発達ギフテッド自己理解まとめ

発達障害・ギフテッド自己理解コース

「うまく言えないけれど明らかに生きづらい」と感じる人には、きっとここにある知識が少しは役に立つ。一般的には、

謎に生きづらい=発達障害・適応障害・HSP

と捉えられがちだけど、最新の見解ではギフテッド特性によるものの可能性が高い。自己理解を深めることで、徐々に生きづらさの謎が紐解かれていくはず。

発達障害なのか、HSPなのか、OEなのか

  • 発達障害・・・得意なことと不得意なことに差がある
  • HSP・・・めちゃくちゃ心が傷つきやすい
  • OE・・・上位10%のなんらかの能力を持つギフテッドの特性

たとえ発達障害と診断されても、実はその半数が「誤診」とも言われてるで。

なぜなら、HSPもギフテッドも診断名じゃなく、日本では指標も受け皿もないから。

マイナスなことだと思ってることが実は「能力」かもしれんから、自己理解しよう。

発達障害なのか、2Eなのか

  • 発達障害・・・得意なことと不得意なことに差がある
  • ギフテッド・・・上位10%のなんらかの能力を持つギフテッドの特性
  • 2E・・・発達障害を持ち合わしているギフテッド

不得意なことを強制的に平均に合わせようとするのは、どんな分野の学問から見ても圧倒的に非効率で非合理的で、不幸を増やしてしまう行為。

もし長けたところがある2Eなら、一点突破という生き方・幸せもある。正しく自己理解しよう。

ウェクスラー知能検査とさらなる特性の検査が無料で受けられる

大学病院の臨床研究に参加すると、知的障害・発達障害などの診断やギフテッドの判断基準の1つにもなる「ウェクスラー式知能検査」と、さらなる特性がわかる精密検査を、無料で受けられる。

筆者のたーひとが知ってるのは奈良のみ。もしかしたら他のところでもしてるかもしれんから、各自、最寄りの大学病院で、発達障害やギフテッドの臨床研究してるところがあるかどうか探してみてもいいと思う。

自分にとってのできないことやストレスがわかれば避けられるし、得意なことがわかれば勉強や仕事での個別最適化にも繋がる。

期待に応えるという才能で人生がハードになる

周りからの期待に応えすぎて自分を犠牲にして、メンタルも体力も時間も金も底を尽きてしまう人がいる。

期待に応えれるのは、れっきとした才能。だけど使い方を間違えると、誰も得しないどころかみんな損するし、最悪、誰か死ぬから百害あって一利なし。

2E・ギフテッドチェック

発達障害、2E、ギフテッドは、その特性からただでさえマイノリティゆえに苦労するのに、

  • 心身の病気の併発率 ~10倍
  • 性被害・犯罪被害の遭遇率 2倍
  • 自殺率 2倍
  • 希死念慮・自殺企図の経験率 6倍

ムリして自己犠牲したら人生ハードモードになっちゃうから、正しく自己理解しよう。

発達障害・2E・ギフテッドが自分の身を守るコツ3選

身も心も守るための考え方を知っとこう。

自分の「強み」を知ろう

障害か、病気か、健康か、才能か───実はそれらはあんまり重要なことじゃない。

大切なのは、何ができて、何ができないか、これだけ。自分で決めることじゃなくて、知り続けていくこと。

「自己評価」なんて、死ぬ時に1回すればいいだけ。何ができるか、何ができないか、それを知るためにたくさん挑戦したり学んだり経験しよう。

ストレングス・ファインダーというテストがあって、自分の強みや傾向性を知れるけど有料だから、精度の高い代替として無料の「VIA」と「16パーソナリティズ」という診断サイトが有益だからシェアする。活用してね。

無料の自己診断「VIA」

無料の自己診断「16パーソナリティズ」

やればできる・できるまでやる・できるからやる 勘違いすると人生ハード

自分を成長させることは大切。でも、限界を激しく超え続ける成長を強いられたり目指すと、人生には不幸が増える。燃え尽きたり。

  1. やればできる
  2. できるまでやる
  3. できるからやる

これら3つをちゃんと分けて考えて、ムリだけはしないようにしよう。

「自分なんて…」を克服しよう

自分に自信がないとか、自己肯定感がないなんて話を最近よく聞く。主要先進国の中でも、日本人は自己肯定感が最下位とのこと。でも「自分なんて」はエゴ。謙遜だろうが卑下だろうが、エゴ。

上には上がいて、下には下がいて、人生は「下を見たほうが自分も人も幸せになる仕組み」になってる。

「自分なんて」を克服しよう。