ようこそアスペルガーイズムへ

アスペルガーイズムとは?

当サイトの名前、アスペルガーイズム(以下アスペイズム)。

直訳するとアスペ主義。

由来は言わずもがな、筆者がアスペルガーと注意欠如多動症だから。

アスペルガーは、自閉スペクトラム症の1つ。

自閉スペクトラム症 → ASD → Autism Spectrum Disability
注意欠如多動症 → ADHD → Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder

少しややこしいから以下の図を参照のこと。

日本の常識的・一般的には障害とされてるこれらは、足かせにも翼にもなり得るという意味で、それなら主義として捉えて翼にしていこうということで、

アスペルガーイズム

という名称にした。

どんな人に向けた内容?

主に、以下のような人向けの内容。

・愛情と教養に恵まれなかった「こじらせ発達フレンズ」

・医療に愛想を尽かして自力で病気の寛解を目指す「不屈の闘病フレンズ」

何を発信してるの?

アスペイズムで発信してる内容は以下のこと。

地獄から這い上がるための知識や考え方

この一点のみ。

障害や病気を持ってたり、それらに気付かず生きたり、医療に白旗を上げられたり、貧困だったり、生まれ落ちた環境に恵まれずに不可抗力で不幸にまみれた人間が、地獄から這い上がって幸せを感じられるようになるために、

・自己理解をしよう
・活かせるものは活かそう
・そのために学び、知り、考え、動こう

というモットーで、関連する知識や考え方を発信してるよ。

脳科学、哲学、心理学、化学、統計学、天文学、免疫学、宗教学

───いろんな観点と、筆者や周囲の成功体験から、心と体の苦しさを現実的にぶっ飛ばすためのヒントや答えを書いてる。

あとは、筆者の気ままな雑記✍

自己理解を深めるヒント

アスペイズムでは、愛情と教養に恵まれなかったこじらせ発達フレンズがハッピーに生きてくために、ガッツリ自己理解を深める必要性を説いてる。

障害は個性!

いやいや障害は障害…

などなど、人それぞれの解釈で好き勝手なことを言ってる節があるけど、必要なのは意見とか感想とかではなく、何を、どうやって、どんな価値を見出して活かしていくかということ。

なにせ、価値というものは、人間の知性で気付いて見出すものだから。

つまり、病気や障害をレッテルや烙印と思うのか、太鼓判と捉えてそれで得られる現実的なメリットを最大限に活かすのかは、自分次第ということ。

そのためには、新しいことを知ったり学んだり考えたり行動して経験を増やして、価値観や発想を変えることが必要。

ステロイド離脱・アレルギー・炎症について

筆者は喘息とアトピーで3度のステロイド離脱(脱ステ)を経験している。
今はどちらも、薬なしで日常生活が送れるようになった。
なかなかの死闘やったから、同じ道を歩かないといけなくなった人のためにノウハウを書き留めてる。
脱ステ(ステロイド離脱)対策まとめ
読むのがめんどくさかったら動画で説明してるから以下を1.5倍速くらいでどうぞ。

アレルギーや炎症起こす病気の根本原因を、まだ世の中に浸透してない最新の科学的な知見から考え、なるべく論理的に発信してる。

ただ、発信内容をあなたが誰か人に話す時は注意が必要。
なぜなら、このサイトに書いてあることは、日本に居る7000人近くの皮膚科医さんも、その他30万人くらいのお医者さんも、一般的には栄養の専門家と言われている管理栄養士さんも、心の専門家と思われてる臨床心理士・公認心理師さんも、そのほとんどがご存知ないことばかりだから。

彼らには「同じ条件で同じ結果」を絶対に出せないし、結果の現象の説明も絶対にできないので、これを読んでるあなたが仮に専門家らに確認しても鼻で笑われるか、理責めをするとゴキゲンナナメになられて追い返されてお金と時間のムダになるだけだから。注意してね。

心を病んだ精神科医や心理士、アトピーの皮膚科医、喘息の呼吸器科医、不幸から抜け出せない哲学者、超高学歴の犯罪者、自殺する億万長者はたくさん居る。つまりそういうことですね・・・。

2Eギフテッドを見つけたい

ギフテッドとは、何かしら突出した能力のある者のこと。

発達障害の中に一定数、ギフテッドが居る。

発達障害とギフテッドの両方の特性を持つ者。

2E(Twice-exceptional)と呼ぶ。

僕は、2Eやギフテッドを発掘したい。

一人でも多くの当事者を、覚醒させたい。

周囲に虐げられてきた人たちに、起死回生してほしいなと。

教育の敗北が人間を殺し国を滅ぼす

アメリカでは、ソ連の人工衛星スプートニク打ち上げ後(1957年)から、技術競争に勝ちたいがためにギフテッドの発掘が国策になった。

ギフテッドの特性をうまく活かしたり伸ばしたり理解を深める「ギフテッド教育」を推進することで、GAFAMのような、時代を根底から変える企業の技術やサービスを生み出す人材を輩出しようと、国を挙げて取り組んできた。
※GAFAM:Google, Apple, Facebook, Amazon, Microsoft

ジェネラリストよりもスペシャリストの育成に注力してきた。

そんなギフテッドに対する理解があるアメリカでさえ、シリコンバレーの地域にある天才達が通うような高校では、ギフテッドの自殺率が平均の2倍ほどに及ぶ。

無知・無理解を棚に上げる人たちからの抑圧、差別や偏見によって。

当然、人間を育てることに無頓着な日本においては、よりその傾向は顕著。

1974年から少子化が止まらず、世界の子ども学力ランキングでも右肩下がり。

今も少子高齢化が続いてるということは、少なくとも20年後の日本の未来も大方予測できる。

一人あたりの国民総所得も2019年で28位。

GDPは3位を維持してるけど、幸福度ランキングでは世界で56位

2020年には若年層の自殺者数が統計開始以来最多。

なのに未だに社会は経済を目的にして人間を手段にし続けてる。

本来、人間が幸せに生きるという目的のための、数多ある手段のうちの1つとして、経済があるのに。

精神後進国なんて言われ始めてるこの国。

人間の教育をおろそかにし続けた末路。

このままじゃ、個人にとっても社会にとっても、明るい未来ってなんですか状態は変わらん。

じゃあ、具体的に何が現状を改善するのか。

素質や才能があるのに虐げられて鬱屈した人間が、ちゃんと自尊心を取り戻して自覚して、幸せになること。

そういう人間をなるべく増やすこと。

それがギフテッド発掘であり、ギフテッド教育でもある。

ギフテッド教育は子どもにばかりスポットが当てられてる。

だけど、ギフテッドを教育できるのはギフテッドだけ。

つまり、大人が卑屈で抑圧的で自己理解を誤ってたら、明るい未来はない。

だから、僕は大人のこじらせ発達障害に、目覚めてほしい。

秀でた部分を社会システムにぶっ叩かれ、発達障害をこじらせた人=2Eギフテッドに目覚めてほしい。

人・物・事の価値に気付く能力を養ってほしい。

そして幸せになってほしい。

価値を生み出す人になってほしい。

僕はそれを人生の目的の1つにしてる。

自尊心をとりもどそう

アルバート・アインシュタイン
画像引用元:wikipedia

ギフテッドだったと言われてるエジソンは小学校を3ヶ月で退学し、アインシュタインは言語障害があり、本田宗一郎はサボり魔だった。

周りからは劣等生の烙印を押されたり、いじめられたり、親に見放されたり。

それでもなぜ彼らが歴史に残る偉大な功績を残せたか。

シンプルに、適切な愛情と適切な教育が人生のどこかにあったから。

脳科学的には、苦手を克服させようとか、周りに迎合させようなどと非効率なことをせず、矯正を強制せずに特性を見抜き、選択肢や可能性を与えて、内発的動機を増やすことで人間はぐんぐん成長する。

裏を返せば、人間のポテンシャルを最大限に発揮する方法はそれだけ。

つまり、なんでもかんでも障害とか奇人変人と見なして一人ひとりの可能性を摘むんじゃなく、桜梅桃李や適材適所を前提に置いて人間を見る必要があるということ。

ギフテッドかどうかだけの話じゃなく、万人共通・世界共通・社会全体の最重要視点。

だけど、愛情と教養に恵まれなかった人は、自尊感情が欠落した状態にある。

自分の価値を見失って、忘れて、自分を卑下して、能力も封印して、忘却して、鬱屈とした人生を送ってしまってる人がわんさか居る。

こうした理由から、まず僕自身が関わる発達障害という畑において、同じく産まれてから愛情と教養に恵まれなかったこじらせ発達フレンズに、自己理解を深めて愛情と教養をとりもどして生きやすくなってもらうために、色々と発信してるという話。

───と言ったところで、

おまえは誰やねん

って思う人もおるかもしれん。

僕自身のことについて、ざっと書いておく。

興味のある人だけ読んでもらったら。







筆者のプロフィール

プロフィール

筆者の名前:たかひと zzZ

「zzZ」は、24時間365日、いつも眠いから。
文章を打っててもしゃべってても、すぐ眠くなる。
滑舌が悪くて「か行」が苦手だからどこそこで「たーひと」と言ってる。

機能不全家庭で自分の価値がわからないまま自己犠牲の精神で生きてきて、病気・事件・事故などで何度も自分や身近な人らの心身が死にかける人生やったよん。

29歳の時に体の病気が限界来て身辺整理して完璧に死のうとしたら、色々あって、めちゃくちゃ色々学びまくって行動しまくって超絶幸せになったアスペ多動2級。

以前は、はてなブログ「梵我一如の先」でブログ書いてた。

【好き】
因果を遡ること、論文漁り、作曲、筋トレ、深い対話、iPhone、サクサク、ツルツル、テカテカ、モフモフ、プルプル、プニプニ、キラキラ

【苦手】
集合体、矛盾、激痛、怒声、悪意、自分の顔の右側


超アレルギー体質

乳児期から非特異的IgE 7000~9000。(健常者は100~200とか。過敏性の目安)

普段は、塩と砂糖と水+何か1~2種類の食材だけで生きてる

ほぼ全ての食べ物で、粘膜や内臓や皮膚が爛れる謎の体質。
※検査では食物アレルギーはない

原因は自分で調べて大体判明して寛解はしたけど、病名もなく、根治方法については理論的にはわかってるけど現代ではまだ実現できない。

これらについても随時、情報を探しながら発信してる。

自閉スペクトラム症+注意欠如多動症

アラサーにして、自閉スペクトラム症と注意欠如多動症と判明。

アスペルガーが強い。

正式な臨床心理士によるWAIS-Ⅲ検査では、
IQは平均(100±10)だけど、凹凸が激しい。
以下画像の赤色が、青色が

国際IQテスト:131
スイスMENSA:127
ノルウェーMENSA:142。

なぜWAISとこれらのIQテストの点数がこんなにも違うかというと、病院で受ける検査では、心理士や検査技師や精神科医が居ることで集中力が削がれたり気を遣ってしまって、早く検査を終わらせないとって意識が働いてしまって正確な数値が出ないから。

それでも傾向性だけはわかるのでカンタンに説明すると、見たものや聞いた音を、一時的にたくさん覚えることができて、頭の中で並べ替えたり、結びつけるのが得意。
※そのぶん考えることも激増

反対に、連想できない言葉(人名など)を覚えるのが苦手、非効率や非合理的な行動を続けるのがとても苦痛、言葉のチョイスが下手くそ。
ストレス症状は平均の4倍以上。(下記画像参照)


メッセージ

世の中の人々の多くは非効率・非合理・矛盾だらけの思想で、悩み、苦しみ、嘆いてるのに、やめない。

国家規模の貧困や戦争、差別が起こるのも同じ原因。

アスペルガーや高機能自閉症は障害と言われるけど、整合性の一致や同一性保持と呼ばれるこだわりの強さは、合理と効率の化身。

つまり、その特性を、教養と愛情を身につけることで善の方向に使えたら、幸せと平和の化身になり得る。

発達障害(と名付けられた特性)は、定型発達と比べて劣ってるというわけではなく「多数派から見て理解できないだけ」だとここで強く伝えたい。

社会には相当数の隠れ発達障害も存在する。

自己理解せずにムチャして心身壊して人生オワコン・・・なんて事になる前に、いや、なってしまった人に対しても、このサイトで、微力ながら生き方の多様性に貢献できたらなと。

これ読んでる発達障害の診断を受けた当事者の方や、そのようなお子様をお持ちの方々が現在や未来を不安に思ってるなら、「何も心配ないよ」と僕は断言する。

検査をしたなら、何かしらの特定の能力が長けているとわかる。

知的障害がない前提で、得意なことと苦手なことの差が大きいのが発達障害の診断基準。

そしてその差が、極端に大きいのが2E。

僕はこれらを「長けたら欠けた」と言ってる。

本人の個性や秀でた部分の能力を、まず周りの人間が潰さないよう、興味を削がないよう、自由に育てて(生きさせて)あげれば、社会の常識を覆すような、人のためになるような素晴らしい人材に育つ

右にならえや競争の牢屋に閉じ込めたら最後、優れた芽は摘まれて人生そのものに価値を見出せなくなるから、存在をありのまま愛してあげてほしい。

もちろん、当事者も、自分で自分の存在をまるごと愛してあげてほしい。

大前提として、生きてる=5000兆点だから💮


以上、読破ありがとう。

賢いあなたに幸あれ。





スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz