ようこそアスペルガーイズムへ

アスペルガーイズムとは?

当サイトの名前、アスペルガーイズム(以下アスペイズム)。

直訳するとアスペ主義。

由来は言わずもがな、筆者がアスペルガーと注意欠如多動症だから。

アスペルガーは、自閉スペクトラム症の1つ。

自閉スペクトラム症 → ASD → Autism Spectrum Disability
注意欠如多動症 → ADHD → Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder

少しややこしいから以下の図を参照のこと。

日本の常識的・一般的には障害とされてるこれらは、足かせにも翼にもなり得るという意味で、それなら主義として捉えて翼にしていこうということで、

アスペルガーイズム

という名称にした。

どんな人に向けた内容?

主に、以下のような人向けの内容。

・愛情と教養に恵まれなかった「こじらせ発達フレンズ」

・医療に愛想を尽かして自力で病気の寛解を目指す「不屈の闘病フレンズ」

何を発信してるの?

アスペイズムで発信してる内容は以下のこと。

地獄から這い上がるための知識や考え方

この一点のみ。

障害や病気を持ってたり、それらに気付かず生きたり、医療に白旗を上げられたり、貧困だったり、生まれ落ちた環境に恵まれずに不可抗力で不幸にまみれた人間が、地獄から這い上がって幸せを感じられるようになるために、

・自己理解をしよう
・活かせるものは活かそう
・そのために学び、知り、考え、動こう

というモットーで、関連する知識や考え方を発信してるよ。

脳科学、哲学、心理学、化学、統計学、天文学、免疫学、宗教学

───いろんな観点と、筆者や周囲の成功体験から、心と体の苦しさを現実的にぶっ飛ばすためのヒントや答えを書いてる。

あとは、筆者の気ままな雑記✍

自己理解を深めるヒント

アスペイズムでは、愛情と教養に恵まれなかったこじらせ発達フレンズがハッピーに生きてくために、ガッツリ自己理解を深める必要性を説いてる。

障害は個性!

いやいや障害は障害…

などなど、人それぞれの解釈で好き勝手なことを言ってる節があるけど、必要なのは意見とか感想とかではなく、何を、どうやって、どんな価値を見出して活かしていくかということ。

なにせ、価値というものは、人間の知性で気付いて見出すものだから。

つまり、病気や障害をレッテルや烙印と思うのか、太鼓判と捉えてそれで得られる現実的なメリットを最大限に活かすのかは、自分次第ということ。

そのためには、新しいことを知ったり学んだり考えたり行動して経験を増やして、価値観や発想を変えることが必要。

下記の記事が何かのきっかけになれば。

発達障害関連記事まとめ(随時追加)

ステロイド離脱・アレルギー・炎症について

筆者は喘息とアトピーで3度のステロイド離脱(脱ステ)を経験している。
今はどちらも、薬なしで日常生活が送れるようになった。
なかなかの死闘やったから、同じ道を歩かないといけなくなった人のためにノウハウを書き留めてる。
脱ステ(ステロイド離脱)対策まとめ
読むのがめんどくさかったら動画で説明してるから以下をどうぞ。

アレルギーや炎症起こす病気の根本原因を、まだ世の中に浸透してない最新の科学的な知見から考え、なるべく論理的に発信してる。

ただ、発信内容をあなたが誰か人に話す時は注意が必要。
なぜなら、このサイトに書いてあることは、日本に居る7000人近くの皮膚科医さんも、その他30万人くらいのお医者さんも、一般的には栄養の専門家と言われている管理栄養士さんも、心の専門家と思われてる臨床心理士・公認心理師さんも、そのほとんどがご存知ないことばかりだから。

彼らには「同じ条件で同じ結果」を絶対に出せないし、結果の現象の説明も絶対にできないので、これを読んでるあなたが仮に専門家らに確認しても鼻で笑われるか、理責めをするとゴキゲンナナメになられて追い返されてお金と時間のムダになるだけだから。注意してね。

心を病んだ精神科医や心理士、アトピーの皮膚科医、喘息の呼吸器科医、不幸から抜け出せない哲学者、超高学歴の犯罪者、自殺する億万長者はたくさん居る。つまりそういうことですね・・・。

上の動画や記事まとめを見てもイマイチよくわからなかった・・・

たーひと
たーひと

なんでも説明するからメッセージから問い合わせてや

2Eギフテッドを見つけたい

ギフテッドとは、何かしら突出した能力のある者のこと。

発達障害の中に一定数、ギフテッドが居る。

発達障害とギフテッドの両方の特性を持つ者。

2E(Twice-exceptional)と呼ぶ。

僕は、2Eやギフテッドを発掘したい。

一人でも多くの当事者を、覚醒させたい。

周囲に虐げられてきた人たちに、起死回生してほしいなと。

スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz