見切りをつける

雑記

雑記。

tkht_のツイッターアカウントを消すことにした。



主な理由は2つ。

1.自己顕示欲と承認欲求がない

2.ニーズが(見え)ない


1は、大前提として、僕はすでにめっちゃ幸せ。

自分で自分の心と体を幸せにする天才で、たぶん世界一やという自負がある。

不可抗力であれば今すぐ死んでも悔いはないし、一方で、抗えるならどんな危機でも乗り越えようとするし、これを喜びに感じる。

生きてること自体がもはやゴールで、感動しっぱなし。

だから、人に自分を知ってほしいとか何か与えてもらいたいって何もなくて。

あんなにも自殺だけが望みやった人生から、ここまで激変したのは学びと行動のおかげ。

で、数年前に出戻って今のアカウントを運用し始めてんけど、その理由は、ある人に戻ってきてほしいと頼まれたから。

けど、その人とは早々に疎遠になって、惰性で続けてた。

途中から、自分と周囲との差異に気付き始めて、自分の知識や経験が稀有ってことにも気付いて、それじゃ発信しようと継続して今に至る。

今の自分の唯一の望みは、一人でも多くの人が、産まれて生きて考えて動ける超弩級の価値=自尊感情を思い出して超絶幸せを感じるようになること。

人間が自尊感情を取り戻すだけで、どんな心身の病も苦労も苦悩も不安も問題じゃなくなるし、自殺も差別も犯罪も戦争もなくなるから。

人類全体では何世紀かかるかわからんけど、可能か不可能かで言えば可能。

だから、自分の人生では、一人ひとり、本気で幸せを求める人、答えを探してる人に対してはめちゃくちゃ全力で向き合ってるし、知識だろうが肯定だろうが感謝だろうが現実的な応援だろうがいくらでも注ぐし、24h365d付き合える。(睡眠と食事は確保するけど)

その関係で、ここ数年、発達障害や精神疾患、人格障害、身体の病気と菌と免疫についての情報発信と、個人へのサポート&アドバイスをライフワークにしてきた。

ほとんどの人が同調圧力や自己犠牲精神に洗脳されて自尊心を剥奪されてることや、それを解く方法、あとは具体的に生きやすくなるためにどんな福祉があるかとか、考え方や立ち回り方も発信してきた。

医療では病気を根治するのは難しく、机上の空論じゃなく実際に炎症性の病気を寛解させたり予防したりという結果が出る方法や仕組みを伝えてきた。

それらで人生が激変したって感謝してくれる方々も居て、うつ病を完治(数年再発なし)させて発症前より幸せになれたって方々も居るし、発達障害でも生きやすくなったとか、身体の病気をコントロールできるようになったとか、症状が一切なくなったって嬉しいこと言ってくれる方々も居る。

本当に、人間の起死回生の逆転劇を見せてもらえるのは嬉しい。

「なんとかしたい!!」って強烈な心を持ってる人には無限の希望を感じる。

───ただ、僕自身は人のソレがあろうがなかろうが幸せに変わりないから、結局はニーズがないとわざわざ人に押し付けたり、気付かせたりしたいとは思わんねん。

人間ってのは無意識が大半で、意識できてることの方がわずかやから、真剣にどうにかしたいって思ってない人に全力でぶつかっても、ただの迷惑なヤバイ奴やん(笑)

前から自分のことを「鏡」と表現していて、常に鏡が曇らないように磨いてはいるけど、鏡が自ずと光を発することはないやん。

いや、LED仕込んでたら光るし、かつてはギラギラやってんけど、あまりに自分が主役みたいになって光ってると人って畏怖したりウザがって離れていくみたいで。

だから、一瞬だけ反射させて、ニーズがあれば応える形にしようってやっててんけど、SNSでの発信はもういいかなって。

で、2の、ニーズが(見え)ない。

僕は、自分の言葉を、全て遺言の如く発してる。

文章も、会話も、全力やし、発した結果に全責任を負ってる。

遊びも休息も仕事も闘病もオンラインもオフラインも関係ない。

だって「自分が居るところが自分の人生の全て」やん。

情報や知識の正確性についても、常に誰より自分で自分を疑ってる。

病気関係のことなら、ちゃんと自分の体で可変要素減らすとこから実験を繰り返すし、その上で個体差まで調べて考えるし。

もし間違ってたら人の人生を左右してしまうシビアなこともあるから、誰でもいつでも僕の間違いを公益のために指摘してほしいくらい。

でも、SNSでは、そういう姿勢で発信してても、声が小さいままやったってのが一番のミスやった。

あとSNSって情報としてはけっこうフロー(インスタント)やから、ストックしてもほとんど意味をなさないねん。

特にツイッターはモーメント追加がスマホで使えなくなったり、情報の充実性や正確性に欠けてる。

あとは瞬間的な爆発力ってのが重要で、初動がないと後々検索には引っかからなくなるし、適切な検索ワードやタグを入れないと結局認知されない。

そのためには過激なワードを入れたり情報量を調節する必要があって、すると真実と異なるような事も書かなきゃいけなくなる。

文章のみならず、映像や画像も無断転載してアルゴリズムに有効に働いて認知されやすくなってるアカウントも多いけど、誰かの権利の犠牲の上に幸せは成り立たないから、僕はしたくなかった。

そもそも、僕が誰であるかなんて僕自身がどうでもいいから、情報だけ持って行ってくれればいいし、わからんかったらなんぼでもペースト状になるまで噛み砕いて一緒に考えて説明もさせてもらうのに、なんでか人ってタダなものとか、わからんことや一見少ない情報や、パンピーが言ってることをハナから価値がないと判断する傾向が強いみたいで、よくわからんねん。

あと、影から矢を放ってきたりする人も居て、反応したら「矢?撃ってませんよ」てなもんやし、感想と真実をあやふやにして、根拠もなく否定してくるし、否定されたから間違ってたら申し訳ないなぁと思ってどこがおかしいか聞いたら無視やブロックとか、マジでよくわからんξ

で、さっきも書いた通り人間って無意識が大半の生き物やから、己が真に欲してるものに気付いてなかったり、それどころか指摘されたらムキー!ってなったりするみたいやねん。

たとえば、包丁が欲しい人って、包丁が欲しいんじゃない。

大抵は、料理そのものか、そのためのカットされた食材か、自分が料理をしてるっていう充実感や自己肯定や、その苦労に対する感謝や承認が欲しいねん。

料理が欲しいなら、毎回外食行くかお惣菜を買うか、料理作ってくれる人を雇うとか、切るのめんどかったら冷凍のカット野菜とか肉の細切れとか魚の切り身も売ってるし、スライサーとかの調理器具使えば早いし安いし、なんなら添加物不使用のインスタントもあるし、お金かかるとは言っても人的資源を考えるとトントンくらいやん。

つまり、よく切れる包丁を使うことが楽しかったり、こだわりの切り方があるとか、丹精込めて作った料理を食べてくれた人が美味しいって言ってくれたり喜んでくれるのが嬉しいみたいな理由があって、それは包丁で得られる付加価値やから、包丁が欲しいわけじゃないねん。

───みたいな感じで、人は己が口頭や表面的に求めてるものと、心の底から求めてるものの違いに気付いてないし、気付いても言語化や明文化できなかったり、指摘されてもそれを受け入れるのが難しいっぽい。

だから余計に、心のニーズという見えにくいものを、わざわざ墓荒らしみたいに掘り起こして、その人の不幸や不安や悩みや怒りっていう毒を絞り出して自覚させることが果たして本当に有益なのかどうかって考えてん。

知らぬが仏・井の中の蛙は、「自分で無意識に気付く」までは触れない方がいいんやなって。

というか打てば響く鐘かどうかっていう。

これがビジネスとなると全然話は変わってきて、↑これらはマーケティングやコンサルの視点やったりするから、敢えてマス認知で釣ってコンプレックスビジネスで入り口作ることも可能やけど、僕が求めてる結果には行き着けない。

24h365d、何人もが心の地獄から天国に這い上がって幸せになるまで全力で向き合うって考えたら、金ではでけへんし、金でなんとかなるって思ってる人は途中で諦める人多いし。

前述の僕が関わらせてもらった人らは、例えばうつ病なら本人が本気で克服したいって前提があって最短4ヶ月のパターンもあれば、自尊心の欠如の根が深い人で6年かかるパターンもあるけど、病気になる前より幸せになった割合は100%。

男も女も、老いも若きも、サラリーマンも、主フも、経営者も、知人も他人も、関係ない。

でもこれがビジネスやと、薬機法があったり、言えることやできることもめっちゃ限られてきて、本人の本気度も違ってくる。

で、SNSって、そういう法律や責任をガン無視してビジネスやってる人が「正しい顔」をして腐るほど居て、どんどん誰も気付かないうちに被害者が増えてて、原因はどんどん曇っていって、マジで地獄やねん。

そりゃ、そういう人らがやってるのがコンプレックスビジネスである以上、根本原因が解決しちゃったら稼げなくなるし、ふわ~っとなんとなくそれっぽい活動してたらずーっとカモれるから当然の仕組みなんやけど、結局はそれが経済なんやなって。

ってことで、今の自分ではSNSでは声が小さすぎて、焼け石に水で暖簾に腕押しで糠に釘やな~~とやっと自覚した。

なんというか、自分が独学で得てきたものが、どれだけ説明しても伝わらんカルチャーショックも大きかったりした。

そして、体や心のつらさやしんどさに気付きながらも原因から目を背けて苦しむ人の気持ちは、本人以上にわかるからこそ、その様と天邪鬼さが不憫で悲しくなるし、自分の声の小ささが無力で不甲斐なくて申し訳ないなぁ~って思う。


最後に、アカウント消さずに残しておいたらいいやんって人もおるかもしれんけど、もうめぼしいツイートは動画で解説したし、重要なことはブログに書いてあるからSEO的にツイッターより優先されるはずやし、あんまり残す価値ないねん。

むしろ、自分がすでにわかってる当たり前のことを小分けにして、空気に向かってずっと叫び続けて残ったものを掘り返されたら、あとからパズルのピースを揃えて人に提示する効率も悪いし。

昔はツイッターは情報収集ツールみたいに言われてたけど、今は公式にコミュニケーションツールの位置づけになってて、受け取る人がおらんのにバンバン全力の壁打ちしててもな。

ブログや動画や音声はまったり続けるし、日常寄りの雑多アカウントは作るかもしれんけど、情報発信用は声デカくなるまではもういいかな。

あとツイッターはフォローどころかアカウントがなくても好きに見れるから、誰か元気にしてるか気になった時に見に行けるし、リプDMやRTやLikeほしいって声は見たことないから、「陰ながら」で充分やろし。



てことでイイ学びになった!

またでBye。




スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz