生きづらい3つの原因②「居場所」編

心の道しるべ,発達・2E

下の動画では触れなかったことや、補足として、ブログに書いていくよ。

https://youtu.be/Ue3aaM9nHjA

家庭

動画内で言ってることをまとめると、

「家族や家庭を見捨てろ」

って意味に捉えられるかもしれん。

うん、捉えるも何も、まさしくそのとおりやねん。

だって、あなたが居場所や環境に対して生きづらいと思ってるのに、その原因を、周囲の誰もが、何年も、改善とか解決をしようとしなかった&未だにしないわけやん。

生きづらさの果てには、確実に誰かの死が待ってるわけやねんけど、それって端的に、

もう周りが全員の命や人生を見捨ててる

ってことやから。

その場所であなたが生きづらいと思ってて、伝えたり訴えてもどうにもならない時点で、すでに見捨てられてる被害者やから。

③の動画でも言ってるけど、そんな居場所に、情にほだされて迷ってためらう必要なんて全っ然1mmもないから。




仕事・学校

はい、仕事や勉強以外の、たとえば人間関係で生きづらいなら、もう居る意味ないから、居場所を変えよう。

職種を吟味したり、学びたいことを精査して飛び込んだ場所で、仕事や勉強をしに行ってるのに、周囲の人間が互いを比較したり口撃したり○○ハラとかしてるって、民度が低すぎるねん。

そういう人らって賢くなくて仕事もできてない人やから、一緒に過ごしてるだけでQOL(Quality Of Life=人生の質)が下がるねん。

そんな時間、1秒でもくれてやるなって思う。

その代わり、自分の能力を高めることに全力を出そう。

明らかにおかしい環境でも、理路整然と発言する知識と勇気、または、圧倒的な結果をもって有無を言わさないスキル、どっちかを手に入れよう。

そのために時間とお金をスベテ使おう。

もちろん、メンタルが擦り切れて崩れてる時なら、まずは回復に専念するのが正解。

何年、何十年、休んでもいい。

目的は回復やから。焦ったらどんどん回復が遅れる。

順番、タイミング、大切に。




我慢しないのはワガママじゃないの?

つらさを我慢しないとは言っても、それってワガママじゃないの?って思うかもしれんけど、よく考えて?

いま、あなたが生きづらいんやったら、それは、

もう十分我慢してきたから

に他ならないわけやん。

これ以上我慢したら、どうにかなっちゃうって。

そうならないための対策なわけやから。




組織は変わらない

僕の経験則で申し訳ないけど、たった一人の人の考え方や生き方を変えるのも、5~15年かかるねん。

会社でも学校でも、どこかの組織に所属してるってことはそれだけ人数が居るってことやん。

国で考えたらわかるけど、国民主権で民主主義やから国の方針って選挙で決まってて、それは言わば多数決ってことやん。

中には「無党派」なんてお高く留まってる風な人も居るけど、白紙でも投票してないならただの無責任な傍観者やからね。

白紙でも投票率には反映されるわけやから、自分の世代の投票率が高くなれば、その世代がそれだけ国策に関心を向けてるってことが国にも伝わるから変化の起こしようもあるけど、投票もしない関心もない知識もない行動もしない、そのわりに文句と愚痴を辺り一面に撒き散らすって、自分にとって幸せな国になるはずないし。

現実に、少子高齢化社会で、投票数は世代と比例してる上に、若年代の投票率最悪やから、こういう社会やねん。

───っていうことが、どんな規模の組織にでも起こってて、みんなが変えようと思わない限り、一人が変えようとしたって何十年かかるかわからんってこと。

それだけ、人間を変化させるってのはむちゃくちゃ大変やから、今の居場所を変革させようとか考えず、さっさと逃げようねってことです。

日本から海外に出てく人が増えてるのも、ほぼ同じ理由やで。




背伸びしすぎると成長しない

また私事になっちゃうけど、僕自身は背伸びをし続けてきた人間。

今は、もう社会的にはド底辺のクズですよって心から笑顔で言えるけど、前はハッタリかまして、そのハッタリに近づくために身の丈に合わない頑張り方をして、心身を壊した。

ちなみになんでクズかって言うと、僕や、僕が大切に思う人たち(これを読んでるあなたも含む)がこれから幸せに生きることを最優先に考えてるから。

言い換えると、邪魔してきたり阻止してくる人らが居たとして、その人らがたとえどこでどんなに苦しんでたってなんとも思わないから。

なんの知識も与えないし、考え方も教えないし、反応すらしないし、感情の存在すら無視するから。

なんなら、火に油を注いで、一発殴られでもしたら最高!って思ってすぐ診断書取りに行っちゃう(笑)

そして現実的に、経済的な面から見ても民衆はみんな繋がってて、生きるためにはそのメリットはありがたく享受するし。

───ってくらい、社会から見てクズに成り下がった。

それはなぜか。

「人口減少が一番、国益を損なう」と知ったから。

つまり、人が死ぬと国(経済)が衰退するってこと。

そして、不景気が加速すると犯罪が増えるのは充分立証されてる。

犯罪が増えると更に人が死ぬっていう悪循環になる。

人って、めっちゃ頑張ってムリしても病んで死ぬし、きつい環境で我慢して耐えても病んで死ぬ。

だから、国益を損なわないために、社会を存続させるために、どんなにクズでも「生きるハードルを下げようとする人間」が生き残らなきゃいけないことに気付いた。

ていうか、ユニバーサルデザインとかバリアフリーに人生縣けて情熱抱いてる人が居て、どんな学問から見てもヒトが生きるハードルは下げたほうがいいってもう充分解明されてるんやから、当然なんだけど。

ハードルを下げて、平穏に生きられる環境や社会を作って、そこでやっと「ちょっと背伸びして成長していく」ってマインドが活きてくる。

生きるのがやっとの体や心の状態の人が、背伸びしたらつま先が折れてこけちゃうよ。




背伸びしすぎる前に、自分の居場所、納得するまでどんどん移っていこう。

そこに力を使おう。




生き散らかそうぜ。




スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz