近況と心境

雑記

‪8月の中頃に、食べ物の品質表示の曖昧さにやられて、見事安定させてた体調を崩してしまい、ずーっと芳しくなくて、主体的になかなか誰のためにも生きられない期間がちょっと続いてしまったぁぁぁ。

だからって、前の自分みたいに自分を責めることはなくなったし、自分の価値を見くびることはなくなった。

……んだけど、ずっと釈然としない。

どれだけ一般的に見てショボく思えることでも、誰もが当たり前にできることだけど自分はできないからそれを目標や夢に設定するのも、自分の人生の自分の闘いだから引け目も負い目も実際ないねん。

人間なら、誰もが、己の人生を他人に任せるなんて不可能で、それは僕も同じで、なんら異論はないんだけどさ。

ただ生きてるだけでもいろんなものを消費するし、消費行動自体が経済の本質やから、この国では、なんとしてもどんな状態の人も生き続けることが即・社会貢献なのはここでも何度でも言ってて、それやのに社会の風潮としては、人の命を簡単に奪う方向に向かってるのが、やるせない。

てか、たぶん社会(多くの人々=マジョリティ)はそれを理解してないんかな。

誰でもさ、罵詈雑言を浴びせられたり、頭ごなしに否定されたり、怒声を浴びせられたり、威圧的な態度を取られると、イヤやん??

感覚的にもイヤやろうし、脳内の神経伝達物質にも異常起こるし、つまり自律神経もおかしくなるし、ホルモンバランスも崩れるし、実際に肉体的にもダメージを負うわけやねん。

中にはさ、なんの悪意や敵意もなく、テキトーな冗談を言われただけで、自意識過剰でそれを攻撃として受け取って、勝手に傷付いてる人とかも居るんやけどな。

自尊心がない人ほど、自意識過剰=自分がテキトーに扱われたらショック受ける、からさ。

「いっぱいかまわれたくて優しくされたい!みんなに言うこと聞いてほしい!」

って気持ちはわからなくもないけど、もっと大前提として「悪意を向けられてないこと」にめいっぱい感謝して「存在を許容されてること」に感動したほうがいいよな、そういう人は。

話を戻して、あからさまに不機嫌や不快から来るような恐い感情や激しい感情を向けられるってのは、法的にも圧倒的にアウトなわけやし、それはなんでかって言うと人間を否定したり安穏や幸せを剥奪したりする行為やからやん?

なーんも悪いことしてなくて、ちょっと失敗が多くて、それに悩んだり悔いたりして、また頑張ろう!って自分を奮起して日々を生きてる人って、めっちゃ多いと思うねんな。

迷惑かけないでおこう、自分でなんとかしよう、人に頼るなんてできない、人を悲しませないように、人の機嫌を損ねないように………なんて、健気にさ。

そんな人たちの、その人間的で前向きで、愛でるべき純真な「利他の精神」を、どうしてこうも挫いてしまう社会なんかなって思うねんな。

迷惑かけてもいいし、助けられてもいいし、人を頼ってもいいし、何もできなくても存在だけで偉いし、人の機嫌は人が自分自身で取ればいいし、なーーーーーーんも気にすることないねんけど、産まれてからずーーっと偏見だらけで抑圧だらけの環境で育つと、もう洗脳されちゃってるから、なかなか本質に気付くのはむずかしいよな。

んー、けど、まだここまでは「現実的になんとか改善しようとすればできそう」って次元の話やねん。

自分のフィールドにおいては、って限定やけど、家庭も仕事も学校も人間関係も、自分の人生における、自分の身近な諸々の問題は自分で努力すればなんとでもなるやん?

けど、巨大な組織の体質を変えようとすると、ちょっと一筋縄ではいかんねんなー。

例えば、裁判とか国とかに嘆願書を提出するようなケースで、何十万人もの人がその意思に賛同して署名しても、結果が変わらないことは往々にしてある。

この社会全体もそうやし、政治とか医療とかっていう人の命や人生を直接左右する巨大な組織を、根こそぎ変えようとすることは、大勢の一生を捧げたところでほぼ成し得ないことは歴史が証明していて、志半ばで亡くなった人間は星の数ほど居ると思うねんな。

いわゆる「革命」ってやつやけど、それを実現できたケースは本当に指折り数えられるくらいで、そこだけ見たら"生存者バイアス"がかかって「できそう」と思うけど、その影には気の遠くなるくらいの数の「失敗」があったはずやねん。

でもさ、ムリって諦めたらそれは心の死やから、そういう権力による抑圧や搾取ってのは絶対許したらあかんし、組織も経済も、全ては人の幸せのためにあるはずのことやのに、組織や経済のために人間を道具にしてるこの現代は、絶対に無言で受け入れたらあかんねん。

それが正常やと思ったらあかんねん。

言うなれば、先進国・日本の政治や医療は、民衆を死なせないように守るけど、根本的には解決せずに生かして、精神と金と健康を搾取し続ける……っていう、とても残酷な形を呈してるねん、今。

これ、実は一番ひどい拷問やねん。

人を死なせずに、死にたいくらいの痛みを与え続けて笑うってのは、慈悲の真逆にある邪悪で冷酷な行為やねんな。

サイコパスしかでけへんよこんなん。

人間が人間を大切にしない社会なんて、受け入れたらあかんでなー。

───で、人間が人間をってことは、自分とか他人って分類はなくて、自分も人間やからちゃんと大切にしやなあかん。

心も体も時間も金も、無理せず健やかに過ごせる日々のために大切にさ。

感情的になって、取り乱す時もあるかもしれんけど、どんな時でも、実は人間って感情的になる必要性ってゼロやねんな。

その感情ってのが、怒りや憎しみ、嫉妬、羨望っていうわかりやすいものだけじゃなく、自虐とか慢心もそうやし、一見「イイコト」に思えるような、お節介や「良かれと思って」とか、心配性や過保護や過干渉も行き過ぎた感情だしさ。

「それが人間らしさ」とか言う人も居るけど、それって自分の未熟さの正当化に必死なだけやから。

その人間らしさで自分や人の命や心や体っていう究極の価値を貶めてるなら、本末転倒やん。

それに本質的に、人は「悦を求める生き物」で、そのゴールへの到達は早ければ早い方が良いやん?

なのにそういう「素直になれない or 未熟ゆえにわざわざ自分で勝手に複雑にした感情」ってもんを、なぜかプロセスに組み込むから、めっちゃくちゃ遠回りになるわけで。

───人生は有限で、80年としてもおよそ25億秒しかなくて、1秒も取り戻せないのに、そんな遠回りばかりしてさ。

時には心や命を追い詰めて、人や自分の人生そのものを消してしまうような事態にまでなったりさ。

みんな、一体何がしたいんだろう、どこに行きたいんだろう、なんというもったいない命の浪費を繰り返してるんだろうって、とても切なくなる。

だってさ、みんなそれぞれ、自分が自分として存在して生きてるってことが、当たり前じゃなくてめっちゃ奇跡が重なり続けて起こり続けてることやって"絶対の真実"に気付けば、その瞬間にもう人生でこの上ない喜び・歓び・悦びの頂点を得たも同然やねん。

僕もあなたもみんなも、それぞれ宇宙唯一の存在やん。
そしてこの時代に生まれて居合わせて、同じ時間を共有してるっていう不思議な必然。

偶然とか、並行世界線もパラレルワールドも、科学的に存在を証明できないから、不可逆の時間軸が1つだけあると考える方が現実的やん。

不可逆のこの時間軸で、46億年だかの地球って星の年齢を基準に考えて、一人の一生(80年)っていうまばたきより短い一瞬のタイミングが、バチィーン!と70億人分も合わさったのが現代やねんで。

その確率の低さたるや、ヤバイやん。
しかもそれが必然なんやから、もう、震えるほどの感動やん。

何回も言うで。()

・無数の星々のうちの地球
・無数の生物のうちの人間
・46億年のうちの最新の80年。

その奇跡の組み合わせが、約76億人分、同時に起こってるねん。

さらにその中の小さな日本って国の1億人。

とんでもない奇跡的な運命共同体ってやつやん。

こんなに喜ばしい、感動的で壮大な価値って、地球上の金銀財宝を集めてもちっとも及ばないやん。

しかも、一度それに気付けば、もはやその感動は永続スキルやで。

でも、誰もそれに気付こうとしないし知ろうとしない。

それでいて「幸せになりたい」って、この究極の矛盾が僕を何より混乱させて、悩ませる。

より希少な価値を求めるのが現代社会における幸せなら、今説明したことこそが究極の希少価値やのに。

───人格が変わる前の、自尊心のない自分から義務感を取っ払ったと同時に気付いたのは、結局は人を楽しませたり喜ばせたりするのがただ好きでやってたのが大部分だったんだけど、人間にとって一番大切なことに気付いた今、身近な人ですらうまく伝えることが出来ず、歯がゆく、悔しいな~って、最近はずーっと強く感じて、日々試行錯誤してるわけでありますん。

このブログもラジオも、プライベートでも、どうやったらそれらを伝えられるんやろって、起きてる間はずーっとそればっか考えて、生活してる。

しばらくしたらまた、何か閃いたり次のアクションを決めて動き出せるとは思うけど、実に歯がゆい今日この頃なんですん。

という話でした。(ムリヤリ)

またでbye。

スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz