正しい社会ってなに?→人間が人間のハードルをなくすために生きる社会

心の道しるべ

「価値観は人それぞれ」とか「正しさより楽しさ」なんて言葉をよく耳にするけど、そのそれぞれの価値観や、正しさより楽しさを優先した結果、弱者や敗者や死者ってのが生じる社会は、果たして正しいんだろうかって、20歳くらいの時によく考えてた。

 

前提として、日本ってのは技術先進国で、資本主義で、国民主権の社会なわけやねんけど、最近目にした言葉で「人権後進国」とか「精神後進国」ってのが言い得て妙やなーと思ってね。

物質的な豊かさとか便利さをどんどん追求してくと、人間の身体能力は当然衰えていって、非日常だったものも慣れれば日常になって、どんどん強い刺激、過激さを求めるようになるねん。

簡単に言うと、昔ばなしみたいに、おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に、みたいなことやねんけど、確かに電動の草刈り機や全自動洗濯機って人々の暮らしにめっちゃ貢献してるし、もう今やそれらがないと他のことなんて全然できなくて、それらを使うことが呼吸するが如く当たり前になってるやん。

だけど、YouTubeでもフィットネスとか筋トレがブームになってたり、オーガニックやノンケミカルとか健康志向の人が急増してたりする。

これってすごい非効率やなって思うねんな。

生きるために健康が必要で、ある程度の身体能力も維持しなくちゃいけなくて、でも昔みたいに人力でしなきゃいけないことが減ってるから衰えていくわけやん。

そして飽食の時代でフードロス問題が起きるくらいに、掃いて捨てるほどの食料があって、食品添加物や脂質や糖質が過多になって、健康志向とか言って脂質制限や糖質制限なんて眉唾なことをしなくちゃいけなくなって。

もっと言うと、年間で500万トンの”まだ食べられる物”がゴミになってて、これは2000万人が1年間生活するのに充分な量なわけやけど、それでも毎日毎日、体を壊しそうになりながら働きまくって、心を打ちのめされても死にたくなるくらいまで頑張ってしまう人が居て、そして各々、合間で健康を維持するために運動して、食事に気を使って……ってさ。

このブログでも何回か問いかけてるけど、日本人ってどこに向かいたいんやろうな。

一体どこを目的地にしてて、何を目標にしてるんやろうって、みんな考えたことないんかなぁ。

生活水準とかそういうことだけじゃなく、そもそも人権も余裕で無視するし、人のこと平気で罵ったり、命に関わらないようななんでもないようなことで命を奪いかねないくらいの誹謗中傷を浴びせたりさ。

そして負の連鎖が超絶スピードで広がっていってる。

 

冒頭に言ったことに戻るけど、これが本当に「正しい社会」やと思う??

僕は全然そうは思わんし、人間が人間を破滅させるために生きてるようにしか見えないねんな。

ていうかどういう角度から考えても、少なくともみんなが幸せを感じてどんどん成長してどんどん生きがいを感じて……なんて社会ではないやん。

 

何度でも言うけど、飽食の時代やし、電気で夜も明るいし、移動手段も進化して車とか新幹線とか飛行機があって、1日もあれば日本中どこでも行けるし、数日で地球の裏側に行くこともできるし、なんならネットがあるから今すぐにでも地球の裏側に住んでる人と顔を見ながら話したりもできるやん?

こんなん、魔法やん。魔法やで。

鎌倉時代とか江戸時代とかそんなに遡らなくても、平成初期の時代から見てもすでに魔法みたいなことがあれもこれもできるようになってるわけやねん。

そして食料は必要な量以上にゴミになってる。

 

ほんま、理解に困るねんなぁ。何がしたいんやろって。

 

んで、さっきも言った資本主義やから、だからお金ない人は餓死しても仕方ないとか、自分で生きられない人は死んじゃっても仕方ないって答える人が、とあるアンケートで3割超えたとか言うやん。

世の中に、死んでも良い人なんて一人も居るわけないし、産まれて存在してること自体が価値やから、一人が死んでも仕方ないとか言い出したらそもそも人類が別に滅亡してもいいって言ってるのと同じことになるのにさ。

たとえそう思ってたとしても、そんなんはただの"if"の話で、現実には日本に1億人以上、世界で約70億人が今も確かに存在してて日々を生きてて、今を生きてて、幸せを感じてる人もたくさん居るわけやから、それを平気で奪える思想そのものって、無意識でも、いや無意識なほどめっちゃ邪悪やん。

死ぬことを現実の話として捉えられてないんかなぁ。

 

老衰以外で死ぬのって、めっちゃ痛いかめっちゃ苦しいかやねんで。

僕自身は、怪我や病気や暴力どれでも死にかけたこと何度もあるからわかるけど、かなりきついよ。

心がぶっ壊れて死にたいと思ってる人らの精神状態もけっこうリアルに正確に理解できるけど、ほんま、かなりきついよ。

 

そしてそういう人らのことを全然憂慮せずに「自力で生きられない人は死んでも仕方ない」なんて言うのは、それこそただの自分勝手で人類の敵って表現しても誇張じゃないほど邪悪。

 

何よりもそういう「ハードルをめちゃくちゃ高くした考え方」って、結局はどこかで自分の首を絶対に100%絞めてるから。

 

自分がつまらなかったり、思うように生きられなかったり、ムカついたりイライラしたり、他人に嫉妬したり、人の幸せを素直に喜べなかったりってのは、全部、自分の固定観念や刷り込まれた先入観っていう価値観に支配されてて「生きるハードル」をガッツリ上げてしまってるから生じるねん。

 

そう、自尊心ね。

 

産まれながらに誰一人として同じ人間は居なくて、だけど根本としての「人間」って部分ではみんな同じやから、敢えてわざわざ「同じであろうとする」なんて全然必要のない思想やのに、協調性と同調圧力を混同した社会の中で全てが回ってるこの国では、赤ちゃんの時から「みんなと同じように生きるための思想や価値観」をゴシゴシ刷り込まれていって、個性なんてもんはどんどん剥奪されてく。

 

それが、日本人の多くの「自尊心の欠如」に繋がってて、その欠如したものを人に満たしてもらおうと傲慢になったりワガママになったり攻撃的になったりするわけやねん。

でも、自己肯定とか自尊心って、自分で自分を肯定したり尊さに気付くことやから、どれだけ人に求めて人に与えられて人に認められて人に褒め称えられたところで、肝心の自分自身が、自分自身に対して同じようにできなければ、永遠に心が満たされへんのは当たり前のことやねん。

 

んで、今ざーっと言ったことを「個人の価値観やから」で済ませてしまうのは、そろそろムリがあるんちゃうのって話。

 

こんだけ多くの人間が実際に産まれて生きてる以上、”より良く生きるには?”っていうベターを追求してく以外に現実的な「正しさ」ってないねんな。

 

身体機能1つ取っても、人間の意思とか意識がどうであろうと、僕らの体ってのは24時間365日、休むことなく数え切れない仕組みが働き続けて生きてるわけやん。

つまり「生きたい」とか「死にたい」とか「幸せがほしい」とか、僕らの考えてることとは全く別の、全く関係のない現象なわけやねん、生きてるって。

何をしようがしまいが、何を考えようが考えまいが、本質である命ってのは常に「生きよう」としてる。

摂理から逃れられへんねんな。

 

そやのに、話戻るけどその「命が勝手に生きてようとしてる=生きてる」という事実を否定するような思想が少なくないってのは、なんかもう妄想とか幻想の中で日々を生きてる人ばっかりやねんなーと判断せざるを得ないくらい矛盾だらけで思考停止やん。

 

愛されなかった人が、愛せない人になって、また愛されない人を増やしてく。

その負の連鎖が「命や生き物のあるべき姿」やベターさえも否定してしまうくらい、精神が未熟というか壊れてしまってるねん。

それが、伏線回収やけど「人権・精神後進国」になってるってこと。

 

別に、精神論や根性論を唱えてるわけじゃなくて、幸せじゃなくていい人なんて一人も居ないし、もし存在しなくていい人ならそもそもこの世に存在してないねんな。

存在自体が価値やからさ。

経済としての価値なんてどれだけ高くても関係なくて。

 

それどころか、経済的な側面から言えばたとえ植物人間でも存在してる時点で大いに貢献してるわけやん。

 

消費をするって立派な経済活動やから、植物状態でもその生命を維持するために必要な医療機器や電気や栄養などなどは、金の出どころはどうあれその人を介して流れてるわけやから。

「金は天下の回りもの」やから、大金持ちが一切消費せずにずーっと同じところに溜め込んで動かさないほうが、金を使いまくる人よりも経済的には害悪なんやし。

まず消費行動ありきで経済は成り立ってるから、消費が減れば需要が減って生産が減って、雇用も減って企業も減って競争力もなくなってくわけやん。

そやのに、競争に勝とうとして人生をそこに費やしてるわけやん。

 

もう、矛盾が臨界点超えてるねんな。

 

それでほんまにええと思ってる?みたいなさ。

 

物質的な消費をしなくなると次は何を消費するかというと「人の精神が人の精神を消費する」わけやからさ。

 

さっきも言ったとおり、不幸感や不満っていうものを、意識してるかどうかに関わらず人の精神を消費することでごまかそうとするんやって。

 

「存在自体が唯一無二の価値」って”真実”を、「邪悪な風潮と価値観の教育」によって忘れさせられたから、それによって生じる精神的な空虚を、これまでは物を消費して「非日常」を得ることで満たそうとしてたわけやねんな。

感覚的で申し訳ないけど、バブル崩壊後も続いて、平成の中期くらいまではそうやった感じする。

んで、そろそろそれも頭打ちになって、何もかもが「当たり前」に感じるくらいに感覚がマヒしてしまって、それでも当然まだ自尊心や自己肯定感ってものを取り戻したわけじゃないから、どうにかして心に渦巻く黒いモヤモヤを晴らそうと、もがいてる現代人。

 

結果、矛先が「幸せそうな人」や「成長しようとする人」や「前に進もうとしてる人」に向くわけやん。

 

なんせ自分らは、自分で自分を幸せにでけへんし愛せないから、それができる人やそうしようとする人らを許容でけへんねんって。

自分らの心の低いステージまで引きずり下ろしたいみたいやな。

 

「自力で生きられないなら死んでも仕方ない」なんて言っちゃう人らこそ、絶対にどこかで必ず人は誰かと繋がってるって真実すら見えてないし、なんなら自分達が自分達だけの力で生きてると思ってるから人に感謝もしないゆえに、自分を含めた人間そのものの価値が余計にわからなくなってるんやもんな。

 

そういう人らの心の状態とか価値観のまま、「結局今日も明日もなんだかんだで生き続けてる」って、それこそめっちゃ地獄やろうなって思う。

 

無限に樹形図的に広大なネットワークで人同士は繋がってて、だからこそそれ以上他人を消費することなくなるべく自分の力で生きようとするわけであって、それは決して人間に対する諦めとか見限りとかじゃなくて、存在してることや存在してきたことの感謝から起因してる。

しかもそれは自分の意思で左右できるものではないし、それを”正しく”理解してりゃ、全て感謝から生じる内発的な動機としての「自力で生きたい欲」になるねん。

その基盤があって初めて、人に親切にされたり優しくされたらそれがある種の「サプライズ」になるし、期待をしてないから落胆もない。

期待値をゼロにしておけば、全ての厚意や好意が「1以上」になってプラスになって、ありがたいし嬉しくなるやん。

 

これを僕は「ハードルを捨てる」って表現するねんけど、なかなか人は幸せのハードルを捨てられないみたいで。

幸せ増やしたいなら欲望や期待を減らして、今ある価値に気付けばいいやんってだけの話なんやけどな。

意味は見出すものやし、相対価値も自分次第で無限に見出だせるんやしさ。

 

 

視覚的に見えてるものだけに惑わされて振り回されて、人間の本体である「意思(心)」の存在を軽く見てるというか、それがどれだけ重大なことなのかも気付いてないわけやしなぁ。

自分の人生に、今日や明日、何が起こるかなんてわからんのに、なんの根拠もなく昨日と同じように生きられるって確信(?)してるっぽいのが謎。

それで余裕しゃくしゃくで、自分の本心で生きずに、自分の人生すら浪費して、不可逆の時間を「嘘」で生きて、虚像の過去を量産してるわけやん。

 

ほんまにカオスやと思うわぁ。

 

そろそろ、人間は、人間が存在してることを人間の存在のおかげやと気付いた方がいいし、誰しもが宇宙でたった一人の存在で、宝くじ1等が何億回当たっても到底及ばないくらいのとんでもない低確率でこの世に産まれて、この世に存在し得てるって、ほんまに気付いた方がいいなと思う。

科学では”偶然”や”無”を証明でけへんねんから、暫定的には”必然”と”有”しかないんやもん。

 

人類のベターを模索すれば、それだけが「正しさ」やってすぐわかるはずやし。

 

ちなみに、すげぇ大きなスケールの話をしてるってよく思われがちやし言われる時あるけど、全然そんなことなくて、なんなら一番身近な話やねんってこれらは。

 

全員に完全に当てはまってて、例外なんて誰一人居なくて、コレ読んでるまさにあなたの話でもあるねんって。

個体=全体、個人=人類っていう感覚が一人ひとりにないことそのものが、もうすでに非常事態やで。

 

知的生命体ってカテゴライズされてるんやし、最短効率、最高効率、完全合理で考えれば、個人の幸せも人類の幸せも「もうすでに心のなかに答えがあってあとは意味や価値に気付くだけ」っていう、相対的なことを除外した「完全な正しさ」が、社会全体の常識になってほしいと強く思うわぁ。

もちろん、何十世紀先になろうとも、どれだけ人口が減少しようとも、人類が存続してるなら社会はそれを実現する方向に行ってほしいと思う。

僕自身は、僕自身のフィールドで、僕に縁する人間にその波紋や波動を生涯広げてく所存ですしおすし~。

 

みんな生きてて偉いし、産まれて偉いし、命輝いてるし、それだけで全員ちゃんとずっと愛されてほしいわ。

 

 

だいぶ長くなったし、書きなぐったから支離滅裂やけど、敢えて推敲せずにそのまま投稿する。()

 

 

普段、アスペルガーの僕の脳内は、ずっとこういう思考で溢れてるってことを少しでも体験してもらえたら(笑)

1つの事に関してのこれくらいの情報量が、五感にインプットしたこと全てに対してリアルタイムで常に溢れてるって捉えてもらえると、近いと思う。

 

 

寝てる時以外はずっと眠い、って感覚、なんとなくわかって(o・ω・o)

 

と、少しでも定型(健常者)からアスペ達への理解に貢献しようと目論んでみるるる……。

 

またでbye。

 

 

 

スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz