若い人ほど選挙行った方がいいよって話

雑記

せやろがいおじさんの動画、めっちゃわかりやすくて良い動画だったからシェア。

選挙って、誰に入れるかはほんま自由やけど、
「行かない」って選択肢だけはほんまヤバイ。

「誰に入れても一緒やろ」
「世の中こんなもんやろ」
「自分が行っても変わらんやろ」

って僕もずっと思ってたけど、日本は国民主権やから、国民が政治を監視しないとどんどん狂ってく。

てか、狂ったのがまさに今。

投票率の低い層は確実に無視される。

「応援してくれる人のために頑張る」のって、スポーツとか芸能も一緒やん?
政治も同じ。

だから、選挙行って投票するのって、
「応援しろって言うから応援してるんやから、頑張ってくれよ!!!」
って言う権利を持つってことでもある。

あきらめや投げやりな気持ちをグッと抑えるか捨て去って、0より1って気持ちで行きましょー。

自分が投票した候補者が、選挙で掲げてた公約や政策(マニフェスト)をちゃんと実行するかを、しっかり監視する。

そういう若い人がたくさん増えたら、国も無視できなくなって、若い人が得する社会にしていこうって流れになるはず。

そっからがほんまのスタート!

ただでさえ少子高齢化で若い人減ってるから、1人の1票が重要になってくるよ。

ちなみに、

「忙しくて投票行くヒマねぇし」

って人も居ると思うから朗報。

期日前投票ってのがあって、公示日の翌日から投票日までの間、市区町村の役所とかで、朝から晩まで投票できるねん。

今回の参議院選挙なら、もう始まってるよ。

7月5〜20日まで

最低でも8:30〜20:00

の間に手ぶらで役所に行ったら、投票できるのです。

あまり知られてないみたいだから。

めっちゃ簡単で3分もありゃ終わるから、行くべし!

ミドルエイジ差し掛かる僕も、口だけにならんように、もう少しちゃんと政治に目を向けて、政党の実績を振り返ったりしていくわ。

スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz