トラックボールマウス「M570t」が神がかってた

雑記

 

 

 

も・く・じ(各項目タップでジャンプ)

結論

  • 腕・肩・首がめちゃくちゃラク!!(頚椎が悪いから以前はよく半身シビれてたのがなくなった)
  • 慣れるまでの使用時間は3~4時間。
  • 繊細なポインタ移動が可能。(マインスイーパのようにスピードが求められるものは不向き)
  • 膝の上や、絨毯、極端な例では腕組みしながらでもスムーズに操作できるのがとにかく便利。

こんなに安くでここまでの快適性を得られるなら、もっと早くに導入するべきだった。ほんまにオヌヌメ。

 

 

経緯

ブログを移転して自サイトも作って、いろいろアウトプットしてこうかなと思い立ってから、ずーっと我慢してた「マウスの使いにくさ」を改善しようと重い腰を上げた、私だよ。()

若者のPC離れが進むと言われてる昨今、僕はと言うとWindows 95くらい触ってるミドルやから、やっぱりスマホにはないPCの可能性ってのはまだまだあると感じてるし、音楽や動画を作る上ではまだまだタブレットはスペックや操作性でイマイチな部分が拭えないなと。言い出したらキリがないけど例を1つ上げると、ユーザビリティ向上のためか心理学的観点からか、タブレットやスマホはタップしてアプリやウィンドウが開く時とかに僅かにアニメーションしたりするねん。あれがほんまにストレス。急に切り替わると違和感があるからって理由らしいけど、いやいやノーラグでお願いしますよって思うやん。あのアニメーションを無くすためにわざわざiPhoneもiPadもJailBreakするくらい、僕にはストレス。

スペック的にはiPad Proが今の所、ギリギリかなぁと。作業内容によってはノンストレスでノートPCに太刀打ちできると感じる。あれの目玉はそもそもApple Pencilと筆圧感知だから、比べるところじゃないんかもしれんけど。

少々脱線したので話を戻すと、腰据えてやる作業は専らPC派な僕が唯一、我慢ならなかったのがマウスの誤動作。というかオプティカルマウスにせよトラックボールにせよ、マウスポインタが時々瞬間移動するんよ。えっ、しない?ちゃんとマウスパッドもそれなりの使ってるし、ホコリとかつかないように掃除もしてるんだけど、なんかピューってポインタがどっか行ったり。そのたびに癇癪起こしそうになる。(人には絶対に怒ったりしないけど、故障してない機械に対しては自分の操作したのと違う動きばかり繰り返されると、一瞬だけ沸騰しそうになる)

あと、これは自分が悪いんだけども、マウスを置いてる場所が狭いんすよ。テレビと兼用の液晶、キーボード、作曲用のMIDIキーボード、チャンネル、マウス、これらで一杯になってしまう。マウス動かしてたらたまにMIDIキーボードとかに当たって右クリック押したりして、その弾みに変な項目を左クリックしたらムダに重いアプリケーション開いちゃったり。

いくらショートカットキーをたくさん覚えて作業は時短してても、こんなケアレスミスで数分も奪われるってムキーーッ!ってなるやん。ならへん?そうか、これもアスペか。()

そんなこんなでどうしたもんかと思いながらも沸々と過ごしてたある日、たまたまかかりつけの病院に行く機会があって、そこの先生がもう御歳70いくつくらいかのおじいちゃん先生なのね。僕が十代の時にはもう白髪も多かったからもっとかもしれんけど。

んで、今では個人開業の病院でもカルテは電子化されてて、もちろんそのおじいちゃん先生もPCを操作しながら患者データ出したり経過をタイピングで記録したり、薬を検索して投薬量も決めて処方箋をプリントアウトして……ってしてるわけよ。

んで、あーーお医者さんも大変やなぁと思いながらも、おじいちゃん先生の手元をふと見たら、

ト ラ ッ ク ボ ー ル マ ウ ス ! ?

先生「こんなもん親指だけでクルクルしとったら好きなように動かせるんやからラクなもんやどぉ~~~(笑)」

って……人は見た目で判断しちゃいかんよほんと……なんなら立派なオペレーターじゃないすか……まだカスタマイズキーボード使ってへんだけ普通やけどさ……。

ということで!いやいやおじいちゃん先生に負けてられるか!ってことで話が本筋に戻ってきたよ!

 

 

細かい使用感

知る人ぞ知るLogicool(ロジクール)のM570tというトラックボールマウス、今さら感が満載だけど入手したから使用感とか書こうと思うよ。

LOGICOOL M570t

なんでこれを選んだかと言うと、昔からLogicoolが好きなのと、やっぱりレビュー数が多いから。あと一番最初にゲーミング用とかのめちゃくちゃ良いのを買ったとしても、普通のマウスと比較しにくいかなぁと思ったから。

届いてすぐ思ったのは、意外とごついなぁってこと。でも、普通のマウスを動かす面積全体と比べたら、確実に省スペース。

そしてお試し用(?)の単3電池が付いてるから、すぐ使える。確か一度交換したら18ヶ月(約13,000時間)くらい電池もつらしい。LEDライトには及ばずともびっくりやわ。シャ乱Qのデビュー曲もびっくりやわ。こんなに愛してたって終わりが来るわ。(ネタはggって)

そしてこの記事を書いてる今で、使用時間は10時間ほど。もう慣れた。ちゅーか便利すぎるしラクすぎるし最高かよ。

このクルクルのツルツルのテカテカ最高かよ。(プロフィール参照) PCついてなくてもハンドスピナーばりに一生クルクル回してられるわ。(そして劣化加速)

あっ、けど、使い始めの時に少しだけボールが引っかかる感じがして、これは普通のマウスでもあることやから仕方ないかぁなんて思っててんけど、試しにボールを外して拭いてみた。

ボールを外す時は、マウスを逆さまにして、後ろに空いた穴からボールをグッと押すだけなんだけど、何もガードせずに押すとそのまま外れてボールが吹っ飛んですってんころりんコ~ロコロ…ってなるから気をつけて。

んでボール外したらアルコールのウェットティッシュで拭いて、普通のティッシュで乾拭きして、少し時間おいて完全に乾いてから、ハメ込む。

すると、なんということでしょう…!ツルツルが、トゥルントゥルンになったよ。引っかかりもなくなったよ。最高かよ。神。

そしてそして、何よりも感動したのは、僕は今までに頚椎(首の骨)を何度も損傷したことがあって、要はギックリ首みたいなやつやねんけど、あまり負荷をかけるとすぐに左半身が痺れてしまう体質なのね。

それで、一日PC作業をした日なんかは決まって痺れてしまって、2~3日は治らなかったりするんだけど、なんとなんとそれが完全になくなったんだなこれが!

何が一番大きな要因かというと、冒頭にも書いた通り、トラックボールマウスなら別に机の上やマウスパッドの上じゃなくても、まるでその上で操作してるが如くスムーズに動かせる点やな。

僕の場合は膝の上とか腕を組みながら使うようにすると、本当にラク。

普通のマウスを動かす時って、自分が思ってる以上に腕・肩・首の筋肉使ってるんやなぁってのがわかった出来事だった。

操作性としては、どっかのレビューに「細かい作業は向いてない」って書いてあったのを見たから不安やってんけど、いやいや何を仰りますやら。

まるで自分の指でポインタをタップ&スワイプ&フリックしてるかの如く自然で滑らかに動くではありませんか。

とは言え、マインスイーパ上級90秒台の僕としてはさすがに「超繊細&高速」な操作は向いてないかもしれない。

逆に言うと、マインスイーパやその他オンゲーに人生捧げてるくらいじゃなければ何も問題はございませんことよ。

作曲や映像のソフトでパラメータを入力する枠がめちゃくちゃ小さかったりするけど、そういうのも誤クリックすることもなくなったし、ポインタが瞬間移動することもなくなったよ!

てか、そんな細かく速い動きが必要なゲームに本気になるなら、もうそれこそ専用のマウスなりゲーミングパッドなり買ってくださいよっていう。

何はともあれ、全く今の所は何のデメリットもなく、不自由もなく、最高の買い物が出来たなぁと感謝してる次第ですよ。

全ての人にこの感動を味わってほしいとさえ思ったわ……。

次はペンタブを手に入れたいけど、これも吟味に時間がかかりそうだぁ~~~………

 

またでBye!

 

LOGICOOL ワイヤレストラックボール M570tの商品ページ

 

 

スポンサーリンク

Posted by tkhtzzz